外壁塗装は業者に頼もう。

工事の主な流れ

水色に塗装する

外壁塗装を依頼するときには、まず業者に相談することから始まります。
業者を決めて、直接あるいは電話やメールで、現在の状態を伝えてみましょう。
どの部分の傷みが激しいのか、予算はどの程度なのかなどを伝えることから始めていきましょう。
多くの業者で、相談を無料で行っているので、気負いなく問い合わせることが出来ます。
その後、実際に家の状態を確認してもらうため、自宅へ来てもらいます。
スタッフが来て直接見ることで、また違った部分の塗装が必要になる場合もあります。
スタッフが提案した部分や、自分が行って欲しい部分を相談しながら、どう外壁塗装を進めていくのかを話し合っていきます。

外壁塗装のときには、スタッフが直接見たあとに、提案・契約となります。
そのときに、見積もりを出してもらうことが出来るので、費用がどのくらい必要なのか確認しましょう。
提示された費用によって、断って別の業者にまた見積もりを依頼することも可能です。
出してもらった見積もりを見て、その場で契約するのではなく、一旦帰ってから検討することも出来ます。
外壁塗装も大きなリフォーム工事となるので、しっかりと検討してから決めるべきでしょう。
その後、見積もりに納得した段階で、業者との契約成立となります。
契約後、工事を行っていきますが、外壁塗装を行う面積によって工事に時間がかかる場合があります。
予め、どの程度工事期間がかかるのかを確認してから工事に入っていきましょう。