外壁塗装は業者に頼もう。

外壁塗装の必要性

家を描く男女

家の外壁は、紫外線や酸性雨など、外からの刺激に日々さらされています。
新築であれば、もともと塗装がされているので問題無いですが、時間が経つと塗装が剥がれてきてしまいます。
そうなると、外からの刺激に対応できなくなり、ヒビが入ったり塗装が剥がれたりしてしまいます。
そういったときに、外壁塗装を行う必要があります。
外壁を長持ちさせるために、塗装は必要不可欠なものになります。
防水性・耐久性が弱まっていくと、そこから傷みだしてしまう恐れがあるので、ある程度の築年数が経ったときに外壁塗装は行いましょう。
外壁塗装が妥当な築年数は、平均して7年〜10年ごろと言われています。

外壁塗装は、外観を綺麗に保つためにも行われています。
時間の流れと共に、外壁の汚れが目立ってきたり、色あせが起こったりします。
外壁塗装をすることで、新築のときのようにすることが可能になっています。
また、家を傷める原因となるものから、素材保護をする必要があります。
家の外壁をそのままにしていると、ヒビ割れだけでなく、鉄部のサビ・木部の腐りといった現象が起こることもあるため、そういったことから家を守るために行われます。

外壁塗装を行うべきか迷ったときには、まずは自分でチェックしてみましょう。
新築のときよりも色あせがある・壁に手をこすりつけると塗料が手につくなどの現象があれば、外壁塗装を行うべきでしょう。
劣化度として高いのは、外壁に苔や藻などがついている場合です。
外壁の汚れの原因の7割が、壁についた藻や苔と言われています。
あっという間に増殖する傾向があるため、早めに対処する必要があります。